第98回薬剤師国家試験 問129

生活習慣病に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 精神疾患は、生活習慣病に含まれる。
 虚血性心疾患は、我が国における心疾患による死亡の主な原因である。
 喫煙は、歯周病のリスク要因とならない。
 肥満は、高血圧症のリスク要因である。
 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」における「推奨量」は、生活習慣病の一次予防を目的として設定された指標である。

 

 

 


解説

1 誤
悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などは生活習慣病に含まれるが、精神疾患は、生活習慣病に含まれない。
2 正
心疾患による死亡の主な原因は、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)である。
3 誤
タバコの煙には多くの有害物質が含まれており、喫煙を続けることにより歯周病にかかりやすいといわれている。
4 正
高血圧症のリスク要因には、肥満、過剰の塩分摂取などがある。
5 誤
「日本人の食事摂取基準(2010年版)」において、生活習慣病の一次予防を目的として設定された指標は「目標量」である。「推奨量」とは、ある母集団のほとんど(97〜98%)が1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量のことである。


解答

2、4

第98回 問129 PDF

第98回 問130

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問129

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問128 | yakugaku lab

コメントは停止中です。