第98回薬剤師国家試験 問111

皮膚に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

 表皮の細胞は、ケラチンを合成している。
 マイスネル(Meissner)小体は、温覚の受容器である。
 体性感覚の刺激は、視床下部で中継され、大脳皮質に投射される。
 交感神経刺激により立毛筋が収縮すると、鳥肌が立つ。
 皮膚ではビタミンDが合成される。

 

 

 

解説
1 正しい
表皮に存在する細胞のひとつであるケラチノサイトは、ケラチンを合成している。
2 誤っている
マイスネル(Meissner)小体は、触覚や圧覚の受容器である。なお、温覚の受容器としては温受容器と冷受容器がある。
3 誤っている
体性感覚の刺激は、視床で中継され、大脳皮質に投射される。
4 正しい
立毛筋は平滑筋であり、交感神経により支配されている。立毛筋が収縮すると毛が直立し、鳥肌が立つ。
5 正しい
皮膚では紫外線の作用により、プロビタミンD3(7−デヒドロコレステロール)からビタミンD3(コレカルシフェロール)が合成される。

解答
2、3

第98回 問111 PDF

第98回 問112

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問111

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問110 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA