第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問101

第98回薬剤師国家試験 問101

以下の日本薬局方収載医薬品の構造式と化学名の組合せとして、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説

1 誤
本化合物は、主たる官能基がケトンであるため、本化合物の主鎖はbutan−2−oneである。

よって、本化合物の化学名は、4−(6−Methoxynaphthalen−2−yl)butan−2−oneとなる。

2 誤
本化合物は、環状構造の4位の炭素が不斉炭素であり、S体ではなくR体である。

よって、本化合物の化学名は、(4R)−4−Aminoisoxazolidin−3−oneとなる。

3 誤
本化合物は、主たる官能基がエステルであるため、本化合物の主鎖はbenzoateである。エステルのアルコール由来の部分の名称は、(diethylamino)ethylではなく、(dimethylamino)ethylである。

よって、本化合物の化学名は、2−(Dimethylamino)ethyl 4−(butylamino)benzoate monohydrochlorideとなる。

4 正
本化合物は、主たる官能基がアルコールであるため、本化合物の主鎖は、propane−1,2−diolである。主鎖の3位に2−methoxyphenoxyが結合しており、構造式に「及び構造異性体」とあることから、2位の不斉炭素がR体とS体の化合物の混合物であるラセミ体であり2RSと表記する。

よって、本化合物の化学名は、(2RS)−3−(2−Methoxyphenoxy)propane−1,2−diolとなる。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.