第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問94

第97回薬剤師国家試験 問94

反応A→Bは、反応物Aの濃度Cに関して2次反応である。この反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、反応物Aの初濃度をC0、反応速度定数をk、半減期をt1/2とする。

 圧力、温度が一定ならば、C0が変化してもkは一定である。
 C0が2倍になれば、反応速度は2倍になる。
 C0が2倍になれば、t1/2は1/2になる。
 濃度の逆数1/Cを反応時間に対してプロットすると、傾きが(ln2)/kの直線が得られる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
反応次数に関わらず、圧力、温度が一定の条件下において、反応速度定数kC0の変化の影響を受けず一定である。
2 誤
2次反応では、反応速度は濃度の2乗に比例する。そのため、C0が2倍になれば、反応初速度は4倍になる。
3 正
2次反応では、半減期t1/2C0に反比例する。そのため、C0が2倍になれば、半減期t1/2は1/2倍になる。
4 誤
2次反応において、濃度の逆数1/Cを反応時間に対してプロットすると、傾きが反応速度定数kの右上がりの直線が得られる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.