第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問65

第97回薬剤師国家試験 問65

癌化学療法において、制吐に用いられる医薬品として、適切なのはどれか。1つ選べ。

 ブロモクリプチンメシル酸塩
 ランソプラゾール
 ラニチジン塩酸塩
 スクラルファート水和物
 アプレピタント

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
癌化学療法において、制吐に用いられる医薬品は、アプレピタントである。アプレピタントは、ニューロキニン1(NK1)受容体遮断薬であり、癌化学療法による嘔吐に対して、5−HT3受容体遮断薬及デキサメタゾンと併用される。
1 誤
ブロモクリプチンメシル酸塩は、パーキンソン病の治療に用いられる。
2 誤
ランソプラゾールは、消化性潰瘍の治療に用いられる。
3 誤
ラニチジン塩酸塩は、消化性潰瘍の治療に用いられる。
4 誤
スクラルファート水和物は、消化性潰瘍の治療に用いられる。
5 正

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.