第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問37

第97回薬剤師国家試験 問37

甲状腺ホルモン産生阻害作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 チアマゾール
 オキシトシン
 プロチレリン
 クロミフェン
 ソマトレリン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答


解説

甲状腺ホルモン産生阻害作用を示すのは、チアマゾールである。
1 正
2 誤
オキシトシンは脳下垂体後葉ホルモンであり、律動的に子宮平滑筋を収縮させる。
3 誤
プロチレリンは甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)製剤であり、下垂体前葉を刺激して甲状腺刺激ホルモン(TSH)及びプロラクチン分泌を促進する。
4 誤
クロミフェンは抗エストロゲン薬であり、視床下部及び下垂体前葉のエストロゲン受容体を遮断し、性腺刺激ホルモン(Gn−RH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促進することで排卵を誘発する。
5 誤
ソマトレリンは成長ホルモン放出促進ホルモン(GH−RH)製剤であり、成長ホルモン分泌促進作用を有する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.