第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問339

第97回薬剤師国家試験 問339

保険調剤後の調剤録に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 調剤済みの処方せんに必要事項を記入して調剤録とした。
 保険薬局開設者が、調剤録を最終の記入日から5年間保存したので廃棄した。
 1回目の分割調剤時に、調剤録に代えて処方せんに必要事項を記入した。
 処方せんに関する医師への疑義照会の内容を調剤録に記載した。
 患者の被保険者証記号番号を調剤録に記載した。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 正しい
保険調剤した際、調剤済みとなった処方せんに必要事項を記入したものは、調剤録とすることが可能である。
2 正しい
薬局開設者は、調剤録を最終の記入日から3年間保存しなければならない。よって、設問のように調剤録を最終記載日から5年間保存したものを廃棄することは問題ない。
3 誤っている
処方せんに必要事項を記入したものを調剤録とすることができるのは、調剤済みになった場合である(解説1参照)。保険調剤により1回目の分割調剤を行い、調剤済みとならなかった場合は、処方せんとは別に調剤録を作成し、必要事項を記載する必要がある。
4 正しい
医師等に疑義照会した場合には、疑義照会した内容を調剤録に記載する必要がある。
5 正しい
調剤録には、患者の被保険者証記号番号、保険者名、生年月日等を記載する必要がある。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.