第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問31

第97回薬剤師国家試験 問31

GABAトランスアミナーゼ阻害作用を有する抗てんかん薬はどれか。1つ選べ。

  1. カルバマゼピン
  2. フェニトイン
  3. ジアゼパム
  4. エトスクシミド
  5. バルプロ酸

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤

カルバマゼピン及びフェニトインは、脳神経細胞のNaチャネルを遮断し、抗てんかん作用を示す。

2 誤
解説1参照

3 誤
ジアゼパムはベンゾジアゼピン系薬であり、ベンゾジアゼピン結合部位に結合し、GABAA受容体機能を亢進する。それにより、脳内神経細胞内へのClの流入を促進し、抗てんかん作用を示す。

4 誤
エトスクシミドは、T型Ca2チャネルを遮断し、抗てんかん作用を示す。

5 正
バルプロ酸は、GABAトランスアミナーゼを阻害することで、中枢内GABAの分解を抑制し、抗てんかん作用を示す。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.