第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問298〜299

第97回薬剤師国家試験 問298〜299

72歳女性。胃潰瘍で通院中の消化器内科より、血圧150/68 mmHgのため循環器内科の受診を勧められた。自覚症状は特にない。

【身体所見】
身長162 cm、体重65 kg、脈拍75/分 整
【血液検査】
血中尿素窒素(BUN)28 mg/dL、血清クレアチニン(Scr)1.0 mg/dL
Na136 mEq/L、K3.6 mEq/L、CI101 mEq/L

問298 (病態・薬物治療)
下記の記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

  1. 本態性高血圧と2次性高血圧の発症頻度はほぼ同じである。
  2. 仮面高血圧とは医療機関での血圧測定値は正常であるが、自宅での測定値が高値のものをいう。
  3. 収縮期血圧140 mmHg以上又は拡張期血圧90 mmHg以上で心血管疾患の発症率は高くなる。
  4. 血管の性状を観察するためには、眼底検査が有用である。
  5. 腎障害などの合併症を持つ患者は、臓器灌流圧を保つため、合併症のない患者ほど降圧しない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 誤っている

 本態性高血圧とは、原因が特定できない高血圧のことであり、高血圧全体の約90%を占める。
2 正しい
 仮面高血圧とは、医療機関での血圧測定値は正常であるが、自宅での測定値が高値を示すことであり、高血圧と診断されにくい。
3 正しい
 収縮期血圧140 mmHg以上又は拡張期血圧90 mmHg以上で高血圧と診断される。高血圧状態を放置すると、心血管疾患、脳血管疾患の発症率が高くなる。
4 正しい
 眼底検査は、血管の性状を唯一直接観察できる方法であり、高血圧による動脈硬化の進行具合を確認することができる。
5 誤っている
 高血圧は腎障害を進行させることがあるため、腎障害などの合併症を持つ患者は、合併症のない患者の目標血圧(収縮期血圧130 mmHg未満/拡張期血圧85 mmHg未満)よりも、さらに低い目標血圧(収縮期血圧130 mmHg未満/拡張期血圧80 mmHg未満)を設定する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.