第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問278〜279

第97回薬剤師国家試験 問278〜279

医薬品として未承認のヒドロキノンの軟膏剤を院内製剤として調製してほしいと、皮膚科の医師から薬剤部に依頼があった。

問278 (実務)
この製剤に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 病院内の審査委員会で承認を得て調製し、使用した。
 使用する患者からインフォームド・コンセントを得た。
 調製した病院の患者のみに使用できる。
 効果及び副作用の監視、評価を行った。
 副作用が生じたとき、医薬品副作用被害救済制度の対象となる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 正しい
院内製剤(ヒドロキノン軟膏など)を調製、使用するためには、病院内の審査委員会で承認を得たのち、病院長の許可を受ける必要がある。
2 正しい
未承認の院内製剤(ヒドロキノン軟膏など)を使用する場合には、患者に対するインフォームド・コンセントを十分に行い、患者から同意を得て使用する必要がある。
3 正しい
ヒドロキノン軟膏は、院内製剤であり、調製した病院の患者のみに使用することが可能である。
4 正しい
院内製剤(ヒドロキノン軟膏など)を使用するにあたり、より良質な製剤を患者に提供するために、院内製剤の効果及び副作用の監視、評価を行う。
5 誤っている
院内製剤(ヒドロキノン軟膏など)の使用により生じた副作用については、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない。医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品を適正に使用したにもかかわらず、入院を要すると認められる程度の医療を必要とする疾病、日常生活が著しく困難になるような障害、又は死亡等の健康被害が発生した場合に、その健康被害を救済する制度のことである。


問279 (薬剤)
薬剤部で油脂性基剤を用いて調製することになった。基剤として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 バニシングクリーム
 コールドクリーム
 マクロゴール軟膏
 プラスチベース
 白色ワセリン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
選択肢のうち、油脂性基剤に該当するのは、プラスチベース、白色ワセリンである。なお、バニシングクリームはo/w型の乳剤性基剤、コールドクリームはw/o型の乳剤性基剤、マクロゴール軟膏は水溶性基剤である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.