第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問264〜265

第97回薬剤師国家試験 問264〜265

36歳女性。術後の病理検査により卵巣癌Ⅰc期と診断され、パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法が予定されている。処方1及び2は、この化学療法に対する支持療法である。


問264 (実務)
処方2のデキサメタゾン錠の投与目的として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 化学療法に伴う骨髄抑制の軽減
 化学療法に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)の軽減
 化学療法に伴う感染症の予防
 抗炎症作用による化学療法の効果の増強
 化学療法に伴う血栓形成の予防

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
本患者に対しては卵巣癌の治療のため、TC療法(パクリタキセル、カルボプラチン併用療法)が予定されている。パクリタキセル及びカルボプラチンは副作用として、悪心、嘔吐を起こすことがあるため、それを予防する目的で、5−HT3受容体遮断薬(グラニセトロンなど)及びデキサメタゾンを前投与する。


問265 (薬理)
この患者に使用が予定されている薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 パクリタキセルは、微小管の安定化を引き起こし、有糸分裂を阻害する。
 カルボプラチンは、癌細胞のDNAを架橋し、増殖を抑制する。
 グラニセトロンは、ドパミンD2受容体を遮断し、消化管運動を調整する。
 デキサメタゾンは、タンパク同化作用と鉱質コルチコイド作用が共に強力である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
パクリタキセルは、タキサン系抗悪性腫瘍剤であり、微小管構成タンパク質であるチュブリンと結合し、微小管の過剰形成・安定化を引き起こすことで、有糸分裂を阻害する。
2 正
カルボプラチンは、白金(Pt)製剤であり、DNAに架橋を形成することで癌細胞の増殖を抑制する。
3 誤
グラニセトロンは、セロトニン5-HT3受容体を遮断することで、抗悪性腫瘍剤投与に伴う悪心・嘔吐を抑制する。
4 誤
デキサメタゾンは、合成糖質コルチコイド製剤であり、生体内副腎皮質ホルモンであるヒドロコルチゾンと比べ、糖質コルチコイド作用が増強されているが、鉱質コルチコイド作用は減弱されている。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.