第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問248〜249

67歳男性。災害時、救護所に本人のお薬手帳を持参し、医師に処方を求めた。お薬手帳を確認したところ、エナラプリルマレイン酸塩錠を服用していたことが判明した。救護所にはエナラプリルマレイン酸塩錠が置いていなかった。

問248 (実務)
エナラプリルマレイン酸塩錠の代替薬として、以下の在庫品目のうち、薬剤師が医師に提案する最も適切な薬剤はどれか。1つ選べ。

  1. トラネキサム酸カプセル
  2. バルサルタン錠
  3. デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物錠
  4. ニトログリセリン舌下錠
  5. セフジニルカプセル

解答・解説

解答
2

解説
エナラプリルの適応症は、高血圧、軽症から中等症の慢性心不全である。エナラプリルを慢性心不全に用いる場合には、ジギタリス製剤、利尿薬と併用することとされているため、エナラプリルは高血圧に対して処方されていたと考えられる。選択肢の薬物のうち、高血圧に用いられる薬物は、アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬であるバルサルタン錠である。

問249 (薬理)
エナラプリルの薬理作用の機序として、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. アンギオテンシン変換酵素を阻害して、アンギオテンシンⅡの生成を抑制する。
  2. アンギオテンシンⅡ受容体を遮断して、アンギオテンシンⅡによる血管収縮を抑制する。
  3. キニナーゼⅡを阻害して、ブラジキニン量を増加させる。
  4. 一酸化窒素合成酵素を阻害して、一酸化窒素の生成を抑制する。
  5. ホスホリパーゼA2を阻害して、プロスタグランジンの生成を抑制する。

解答・解説

解答
1、3

解説
エナラプリルはアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬であり、ACEを阻害して、アンギオテンシンⅠからアンギオテンシンⅡの生成を抑制することにより、アンギオテンシンⅡによる血管収縮を抑制して血圧を低下させる。また、エナラプリルは、ACEと同一酵素であるキニナーゼⅡも阻害するためブラジキニンの分解が抑制することでブラジキニン量を増加させる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.