第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問224〜225

第97回薬剤師国家試験 問224〜225

72歳女性。肺癌に合併した閉塞性肺炎のため、入院中に抗菌化学療法を受けていた。高熱と腹痛、頻回の水様下痢などの消化器症状を呈し粘血便が見られたため糞便培養検査を行ったところ、ディフィシル菌(Clostridium difficile)及びその毒素が検出された。

問224 (実務)
上記の症状を起こしやすい化学療法薬はどれか。2つ選べ。

 クリンダマイシンリン酸エステル
 アンピシリンナトリウム
 ゲンタマイシン硫酸塩
 メトロニダゾール

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
本患者は、抗菌化学療法中、高熱と腹痛、頻回の水様下痢などの消化器症状を呈し粘血便が見られたため糞便培養検査を行ったところ、ディフィシル菌(Clostridium difficile)及びその毒素が検出されていることから、偽膜性大腸炎を発症していると考えられる。
偽膜性大腸炎を起こしやすい薬物には、リンコマイシン系抗生物質(クリンダマイシンリン酸エステル)、ペニシリン系抗生物質(アンピシリンナトリウム)、セフェム系抗生物質がある。


問225 (物理・化学・生物)
上記の症状が誘起された原因として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 菌のゲノムDNAに変異が起こった。
 腸内の細菌叢が変化した。
 菌が芽胞を形成した。
 毒素タンパク質の高次構造が変化した。
 菌の薬物代謝酵素の発現が誘導された。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
抗菌薬投与による菌交代現象により腸内細菌叢が変化し、偽膜性大腸炎を発症していると考えられる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.