第97回薬剤師国家試験 問198〜199

第97回薬剤師国家試験 問198〜199

10歳男児。体重30 kg。A群溶連菌咽頭炎の診断を受けた。軽度の腎機能障害あり。ペニシリンアレルギーがあることから、エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液が処方された。

問198 (実務)
医師への情報提供の内容として、不適切なのはどれか。1つ選べ。

 副作用としてQT延長が現れることがある。
 初回投与時は、ショックやアナフィラキシー様症状に注意する。
 腎機能に基づいて投与量を設定する。
 2時間以上かけて点滴静注で投与する。
 静脈内投与する場合でも胃腸障害に注意する。

 

 

 

 

 

 


解答

3


解説

1 適切
エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液は副作用として、QT延長、心室頻拍、心室細動などを起こすことがある。
2 適切
エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液により、ショックやアナフィラキシー様症状が現れることがある。そのため、初回投与時はショックやアナフィラキシー様症状に注意する必要がある。
3 不適切
エリスロマイシンラクトビオン酸塩は、肝消失型薬物であるため、腎機能に基づいて投与量を設定する必要はない。
4 適切
エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液は、必ず2時間以上かけて点滴静注する。なお、エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液を急速静注により投与すると、心室拍出が現れることがある。
5 適切
エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液を静脈内投与した場合、食欲不振、嘔吐、悪心などの胃腸障害が現れることがある。そのため、静脈内投与する場合でも胃腸障害に注意する必要がある。


問199 (物理・化学・生物)
エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液の調製に際して、バイアル中の粉末を生理食塩液ではなく、注射用水で溶解させてから使用することになっている。その理由として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 食塩存在下では、エリスロマイシンの分解が促進され、力価が低下する。
 生理食塩液では塩析が起こるので、エリスロマイシンを溶解させることができない。
 生理食塩液は緩衝作用が弱いので、調製液のpHが大きく変動する。
 Naがエリスロマイシンの溶解補助剤と配位結合し、不溶の複合体を形成する。
 Clがエリスロマイシンと反応し、力価を低下させる。

 

 

 

 

 


解答

2


解説

エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液は、バイアル中の粉末を注射用水で溶解させた後、これをブトウ糖注射液、生理食塩水等で希釈して調製する。バイアル中の粉末を生理食塩水でなく、注射用水で溶解させる理由は、生理食塩液で溶解すると塩析が起こるためである。

第97回薬剤師国家試験 問198〜199” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。