第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問186

第97回薬剤師国家試験 問186

70歳男性。1年前、交通事故後に痙れん発作を起こすようになったが、薬が処方され、発作は消失した。半年前より血圧が160/82 mmHg 前後で、本態性高血圧症と診断され、降圧薬が処方された。現在、血圧は140/70 mmHg と安定している。最近、歯ぐきの腫れが認められたため、かかりつけ薬局へ相談に行った。
現在、服用中の薬物は、下記のとおりである。薬剤師は薬の副作用を疑った。副作用の原因として考えられる薬物はどれか。2つ選べ。

 フェノバルビタール
 フェニトイン
 ニフェジピン
 カンデサルタンシレキセチル
 ヒドロクロロチアジド

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
服用中の薬物のうち、副作用として歯ぐきの腫れ(歯肉肥厚、歯肉増殖)を引き起す可能性があるのは、フェニトインとニフェジピンである。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.