第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問181

第97回薬剤師国家試験 問181

多発性骨髄腫に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 頭蓋骨X線写真で、骨抜き打ち像を認める。
 血液所見として赤血球の連銭形成がある。
 巨核球が腫瘍化した疾患である。
 ベンス・ジョーンズタンパクは、尿中に排泄される。
 サリドマイドが有効である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 正しい
多発性骨髄腫では、骨髄腫細胞より破骨細胞活性化因子により骨が融解するため、頭蓋骨X線写真で、「骨抜き打ち像」とよばれる特異的な所見を認める。
2 正しい
多発性骨髄腫では、免疫ブロブリンが異常増殖し、その免疫グロブリンが赤血球同士の反発を弱めるため、血液所見として赤血球の連銭形成を認めることがある。
3 誤っている
多発性骨髄腫は、形質細胞が腫瘍化した疾患である。
4 正しい
多発性骨髄腫で認められるベンス・ジョーンズタンパクは、L鎖のみによって構成される免疫ブロブリンであり、分子量が小さいため、糸球体でろ過されたのち尿中に排泄される。
5 正しい
サリドマイドは、再発又は難治性多発性骨髄腫の治療に用いられる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.