第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問165

第97回薬剤師国家試験 問165

抗ウイルス薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 ジドブジンは、細胞内で水酸化を受けて活性化され、ウイルスの増殖に必要なプロテアーゼを阻害する。
 リトナビルは、ウイルスの逆転写酵素を競合的に阻害する。
 アシクロビルは、細胞内でアシクロビル三リン酸となり、ウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する。
 ガンシクロビルは、ウイルスのノイラミニダーゼを阻害する。
 オセルタミビルは、その活性代謝物がウイルスの脱殻を阻害し、核内へのウイルスの侵入を阻止する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

3


解説

1 誤
ジドブジンは、細胞内でリン酸化されて、ジドブジン三リン酸となり、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の逆転写酵素を競合的に阻害する。
2 誤
リトナビルは、HIVプロテアーゼを競合的に阻害する。
3 正
アシクロビルは、細胞内でリン酸化されてアシクロビル三リン酸となり、ウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する。
4 誤
ガンシクロビルは、細胞内でリン酸化されてガンシクロビル三リン酸となり、DNA依存性DNAポリメラーゼを阻害し、抗ウイルス作用を示す。
5 誤
オセルタミビルは、その活性代謝物がノイラミニダーゼを選択的に阻害し、ウイルス感染細胞からの遊離を抑制する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.