第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問150

第97回薬剤師国家試験 問150

コミュニケーションに関する説明として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 対人コミュニケーション(パーソナルコミュニケーション)では、情報が送り手から不特定多数の聞き手に一方向に送られる。
 対面で会話をする場合、情報の受け手は、話し手の表情や声の調子など言葉以外のものから多くの情報を得ることができる。
 聞き手が話し手の伝えたい言葉を共感的に繰り返すことは、話を受け止めていることを話し手に伝える方法のひとつである。
 答える側が決まった答えではなく、どのようにでも答えられるように聞く質問の形式を「閉じた質問」という。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
対人コミュニケーション(パーソナルコミュニケーション)とは、2者間または少数間のコミュニケーションであり、情報が送り手から不特定多数の聞き手に一方向に送られることはない。パーソナルコミュニケーションでは、情報は直接の会話または電話、郵便、メールなどによって、双方向でやり取りされる。なお、問題文は、マスコミュニケーションに関する記述である。
2 正
情報の受け手に伝わる情報には、言語で伝わるもの以外に、言語以外(身体動作、身体接触、身体的特徴、声の大きさ、テンポなど)で伝わるものもある。
3 正
聞き手が話し手と同じような体験をしているように言葉を繰り返すと、話し手は話を受けとめてもらえていると感じる。このような効果をミラーリング効果という。
4 誤
答える側が決まった答えではなく、どのようにでも答えられるように聞く質問の形式を「開いた質問」という。なお、閉じた質問とは、聞かれた人が、「はい」か「いいえ」、「数値」などで答えられる質問のことをいう。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.