第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問15

第97回薬剤師国家試験 問15

抗原抗体反応を利用した測定法でないのはどれか。1つ選べ。

  1. ラジオイムノアッセイ(RIA)によるホルモンの定量
  2. 酵素免疫測定法(ELISA)によるサイトカインの定量
  3. 赤血球凝集反応による血液型判定
  4. ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法によるDNAの検出
  5. ウエスタンブロット法によるタンパク質の検出

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
1 正しい

ラジオイムノアッセイ(RIA)は、放射性同位元素を標識として利用し、抗原抗体反応により目的物質を検出定量する方法である。

2 正しい
酵素免疫測定法(ELISA)は、酵素を利用し、抗原抗体反応により目的物質を検出定量する方法である。

3 正しい
赤血球凝集反応による血液型判定は、赤血球表面に存在する抗原に対する抗体を加えて、抗原抗体反応により血液型を判定する方法である。

4 誤っている
ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法は、耐熱性DNAポリメラーゼやプライマーを用いて微量のDNA試料から目的とするDNAを複製する方法であり、抗原抗体反応を利用した方法ではない。

5 正しい
ウエスタンブロット法は、電気泳動と抗原抗体反応を利用し、特定のタンパク質を検出する方法である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.