第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問125

第97回薬剤師国家試験 問125

保健統計に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 粗死亡率は、年齢構成の影響を受けるため、年齢構成の異なる集団の比較には適していない。
 PMI(50歳以上死亡割合)は、人口や年齢構成がわからなくても算出できるため、国際的に健康水準を測る指標として利用される。
 年齢3区分別人口における老年人口は、75歳以上の人口である。
 ある年齢における平均余命は、その年の平均寿命から年齢を差し引くことで算出される。
 国勢調査は、人口の規模、構造などの特徴を明らかにするための人口動態調査である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

1、2


解説

1 正
粗死亡率は、(年間の死亡数/人口)×1000で表され、年齢構成の影響を受けるため、年齢構成の異なる集団の比較には適していない。なお、年齢構成の異なる集団の死亡率を比較する際に用いることができる指標には、年齢調整死亡率がある。
2 正
PMI(50歳以上死亡割合)は、50歳以上死亡数/全死亡数で表され、全死亡数と年齢別死亡数を把握できれば算出可能であるため、人口統計が不十分な発展途上国でも算出することが可能である。よって、PMI(50歳以上死亡割合)は、国際的に健康を測る指標として利用される。
3 誤
年齢3区分別人口における老年人口は、65歳以上の人口である。
人口は、年齢別に以下のように分類されている。
0〜14歳の人口:年少人口
15〜64歳の人口:生産年齢人口
65歳以上の人口:老年人口
4 誤
ある年齢における平均余命は、その年の平均寿命(0歳児の平均余命)から年齢を差し引くことで算出することはできない。なお、ある年齢における平均余命は、同時に出生した10万人の集団を想定し、年齢別死亡率をもとに作成した生命表より算出して求める。
5 誤
国際調査は、5年ごとに行われる人口静態調査であり、氏名、性別、生年月日、教育、居住期間、職業などを調査し、人口の規模、構造などの特徴を明らかにするために行われる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.