第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問120

第97回薬剤師国家試験 問120

ウイルスに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 インターフェロンは、ウイルス表面の受容体に結合して作用する。
 A型及びB型インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼを阻害することにより、ウイルスの増殖が抑制される。
 成人T細胞白血病(ATL)の原因ウイルスHTLV−1は、RNAウイルスである。
 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、宿主T細胞表面のCD4とケモカイン受容体を介して感染する。
 B型肝炎ウイルスにより肝炎を発症した患者の血清には、感染性のウイルス粒子が検出される。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

1


解説

1 誤っている
インターフェロンは、ウイルス表面の受容体に結合するのではなく、ウイルス感染細胞のINF受容体に結合して、細胞内のウイルスの増殖を阻止する。
2 正しい
A型及びB型インフルエンザウイルスは、ノイラミニダーゼ(NA)有している。A型及びB型インフルエンザウイルスのNAが阻害されると、宿主細胞よりインフルエンザウイルスが放出されなくなり、インフルエンザウイルスの増殖が抑制される。
3 正しい
成人T細胞白血病(ATL)の原因ウイルスHTLV(ヒトT細胞白血病ウイルス)−1は、レトロウイルス科に分類されるRNAウイルスである。
4 正しい
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、ヘルパーT細胞表面のCD4及びケモカイン受容体を介して感染する。
5 正しい
B型肝炎を発症した患者の血清からは、感染性を有するウイルス粒子およびHBV−DNAが検出される。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.