第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問119

第97回薬剤師国家試験 問119

ヒトの抗体及びその遺伝子に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 定常部は、重鎖(H鎖)及び軽鎖(L鎖)に存在する。
 H鎖の定常部及び可変部をコードする遺伝子は、染色体上で離れて存在する。
 H鎖の可変部は、V、D及びJの3つの遺伝子断片によってコードされる。
 遺伝子の組換えにより、可変部の多様性が生み出される。
 L鎖の可変部の種類は、V遺伝子の数とほぼ等しい。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

5


解説

1 正しい
抗体は可変部と定常部からなり、共に重鎖(H鎖)及び軽鎖(L鎖)に存在する。

2 正しい
ヒトにおいて、抗体分子のH鎖の定常部及び可変部をコードする遺伝子は、第14染色体上に存在し、それぞれが離れて存在する。
3 正しい
H鎖の可変部をコードする活性型遺伝子は、V遺伝子群(約50種)、D遺伝子群(約30種)、J遺伝子群(約6種)から1つずつ遺伝子断片を選択し作り出される。そのため、H鎖の可変部の多様性が生み出される。
4 正しい
可変部については、H鎖およびL鎖より構成されており、それぞれの遺伝子の組換えにより、多様性が生み出される。
5 誤っている
L鎖の可変部は、V遺伝子とJ遺伝子の2つの遺伝子断片によってコード化されている。L鎖の可変部をコードする活性型遺伝子は、V遺伝子群、J遺伝子群から1つずつ遺伝子断片を選択し作り出される。そのため、L鎖の可変部の種類は、V遺伝子の数より多い。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.