MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問333 注射液の調製法

79歳男性。体重50kg。うっ血性心不全にて通院治療中である。全身倦怠感と呼吸困難を訴えているため、救急搬送された。血液検査を行ったところ、血清ナトリウム濃度が120mEq/Lであった。意識障害と嘔吐症状があることから、塩化ナトリウムを静注することになった。塩化ナトリウム注射液は、3%の高張液とし、輸液ポンプを用いて、30mL/hの投与速度で開始し、2時間ごとに血清ナトリウム濃度を測定し、その濃度に応じて投与量を適宜調節した。
 3%塩化ナトリウム注射液の調製方法について、最も適切なのはどれか。1つ選べ。なお、注射製剤の過量充てん分は考慮しないものとする。

  1. 生理食塩液500mLに、塩化ナトリウム注射液10%(1管、20mL)を3管注入し均等混和
  2. 生理食塩液300mL(500mLボトルから注射器で、200mL捨てる)に、塩化ナトリウム注射液10%(1管、20mL)を10管注入し均等混和
  3. 生理食塩液420mL(500mLボトルから注射器で、80mL捨てる)に、塩化ナトリウム注射液10%(1管、20mL)を4管注入し均等混和
  4. 生理食塩液400mL(500mLボトルから注射器で、100mL捨てる)に、塩化ナトリウム注射液10%(1管、20mL)を6管注入し均等混和
  5. 生理食塩液 340mL(500mLボトルから注射器で、160mL捨てる)に、塩化ナトリウム注射液10%(1管、20mL)を8管注入し均等混和
解答・解説

解答
4

解説
調整された塩化ナトリウム注射液の濃度は下記の手順で求めることができる。
① 調製に用いる生理食塩液(0.9%食塩液)に含まれる食塩量を求める。
② 調製に用いる塩化ナトリウム注射液10%に含まれる食塩量を求める。
③ ①+②を生理食塩液と塩化ナトリウム注射液を混合した後の容積で割り算する。

上記の手順で求めると、選択肢4の方法で、3%塩化ナトリウム注射液を調製することができる。
0.9%0.9g/100mL)×400mL3.6g
10%(10g/100mL)×120mL12g
③ (3.612)÷520 mL=15.6 g/520mL=3g/100mL3%

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次