MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問294〜295 膵臓がん

67歳女性。身長155cm、体重43kg。2年前より心窩部痛を自覚し、外来を受診。CT検査などで膵臓がん、肝転移(Stage IV)と診断された。一次治療として、フルオロウラシル+イリノテカン塩酸塩+オキサリプラチン+レボホリナート(FOLFIRINOX)療法を導入した。1クール目Day8に発熱があり再来院した。処方1を服用中であり、全身倦怠感が強く入院加療となった。担当医から追加処方(処方2)の連絡を受けて、カンファレンスで今後の方針について協議することになった。

問294(実務)
薬剤師が行う内容として、適切なのはどれか。2選べ。

  1. 腋窩温や検査値から発熱性好中球減少症を疑った。
  2. フィルグラスチムの投与を提案した。
  3. 酸化マグネシウムによるレボフロキサシンの吸収増加について情報提供した。
  4. レボフロキサシンの用量を250mgに減量することを提案した。
  5. 肝障害があるので、アセトアミノフェンの中止を提案した。
解答・解説

解答
12

解説
1 正
発熱性好中球減少症とは、好中球数が500L未満又は好中球数が1000L未満で48時間以内に500/μL未満に減少すると予測される状態で腋窩温度が37.5度以上の発熱を生じた状態のことである。本患者は、FOLFIRINOX療法を行なっており、腋窩温が38.5℃、好中球数300/μLと低いことから、発熱性好中球減少症を起こしている可能性がある。発熱性好中球減少症を起こしている場合は、顆粒球コロニー刺激因子(フィルグラスチムなど)を投与する。

2 正
解説1参照

3 誤
レボフロキサシンは、2価以上の金属イオン(Mg2Ca 2Al3など)とキレートを形成することで消化管からの吸収が阻害されるため、酸化マグネシウムとレボフロキサシンを併用する際にはレボフロキサシン服用後、12時間あけて酸化マグネシウムを投与する必要がある。

4 誤
レボフロキサシンは、通常、成人には1500mg11回経口投与する。本剤は主に腎臓から消失するため、腎機能低下時には下記のように用法・用量を調節する必要がある。

5 誤
本患者のAST/ALT(IU/L)が30/29で基準値範囲内であり、肝機能障害が現れている可能性が低いため、アセトアミノフェンの投与を中止する必要はない。

問295(病態・薬物治療)
この患者の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. 末梢における好中球の破壊が亢進している。
  2. CRPが上昇している可能性が高い。
  3. 口内炎や咽頭痛を発症しやすい。
  4. 高度な貧血が認められる。
  5. 薬剤に対するアレルギーにより発症したと考えられる。
解答・解説

解答
23

解説
1 誤
本症例では、FOLFIRINOX療法を開始してから好中球が減少していることから、骨髄抑制により好中球の産生が抑制され、発熱性好中球減少症を発症していると推察される。

2 正
 CRP(反応性タンパク質)は、炎症、組織障害により血液中に上昇するタンパク質であり、本患者は発熱性好中球減少症が現れていることから、CRPが上昇している可能性がある。

3 正
本患者は、発熱性好中球減少症を発症しているため、発熱、頭痛、口内炎、咽頭痛などが現れることがある。

4 誤
赤血球(基準値(女性):380530×104/μL)が380×104/μL、ヘモグロビン(基準値(女性):1116 g/dL)が11.9 g/dLであり、基準値範囲内であるため、貧血は認められていない。

5 誤
解説1参照

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次