MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問274〜275

 34歳既婚女性。高血圧症、逆流性食道炎治療中。かかりつけ薬局の薬剤師がいつもの薬をお渡しする際に副作用の発現状況などを確認していると、患者は半 年前に結婚し、そろそろ子供が欲しいと思うようになったとのことであったが、患者背景については、薬歴が更新されていなかった。

274(薬剤)

 処方薬に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. エナラプリルは、消化管吸収の改善を目的としたプロドラッグである。
  2. エナラプリルは、エステル部分の加水分解により代謝活性化される。
  3. ランソプラゾールは、主にCYP2C19又はCYP3A4で代謝される。
  4. ランソプラゾールは、苦味の軽減を目的としたプロドラッグである。
  5. センノシドは、腸内細菌による代謝物が腸の蠕動運動を促進する。

解答・解説

解答

275(実務)

 今後の薬物療法にあたり、 妊娠の可能性があるこの患者に説明しておく情報はどれか。2選べ。

  1. 血圧コントロールのため、生活習慣や食習慣に気をつけ
  2. 現在服用中の血圧の薬は妊娠中でも服用可能である。
  3. 妊娠がわかったら、すぐに連絡してもらう。
  4. 逆流性食道炎の治療薬を市販の六君子湯などの漢方薬に変更する。
  5. 下剤は、一般用医薬品であれば、妊娠中でも服用可能である。

解答・解説

解答
1、3

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次