MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問161 造血系に作用する薬

造血系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. エルトロンボパグは、赤芽球系前駆細胞のエリスロポエチン受容体を刺激することで、赤血球の産生を促進する。
  2. メコバラミンは、赤芽球内のヘム合成酵素の補酵素として作用することで、ヘム合成を促進する。
  3. ダプロデュスタットは、低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素を阻害することで、HIFの分解を抑制してエリスロポエチンの産生を促進する。
  4. フィルグラスチムは、単球系前駆細胞から単球への分化を促進することで、単球からの顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の放出を増加させる。
  5. 葉酸は、体内でテトラヒドロ葉酸に代謝されて、DNA合成の補酵素として作用し、赤血球の成熟を促進する。
解答・解説

解答
35

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次