MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問159 心不全治療

心不全の治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. ジゴキシンは、Na,K-ATPaseを活性化し、心筋細胞内Ca2濃度を上昇させて、強心作用を示す。
  2. ピモベンダンは、サイクリックAMP(cAMP)誘導体で、細胞内でcAMPに変換されて、強心作用を示す。
  3. ビソプロロールは、アドレナリンβ1受容体を遮断し、心臓のリモデリングを抑制する。
  4. カルペリチドは、生体内で活性体となり、 ナトリウム利尿ペプチドの分解を害して、血管拡張作用と利尿作用を示す。
  5. イバブラジンは、過分極活性化環状ヌクレオチド依存性チャネル(HCNチャネル)を遮断して、 心拍数を減少させる。
解答・解説

解答
35

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次