MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問15 主要組織適合遺伝子複合体

主要組織適合遺伝子複合体(MHC)のクラスⅠ分子とクラスⅡ分子の両方で抗原提示できる免疫担当細胞はどれか。1つ選べ。

  1. 樹状細胞
  2. キラーT細胞
  3. 好中球
  4. 巨核球
  5. 制御性T細胞
解答・解説

解答
1

解説
主要組織適合遺伝子複合体(MHC)のクラスⅠは、ほとんどの有核細胞、血小板に発現しており、細胞内で産生されるペプチドを提示している。それに対して、MHCのクラスⅡは、抗原提示細胞(樹状細胞、マクロファージ、B細胞)に発現しており、外来抗原ペプチドを提示している。よって、抗原提示細胞(樹状細胞、マクロファージ、B細胞)にはMHCのクラスⅠ分子とクラスⅡ分子が両方発現している。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次