MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第108回薬剤師国家試験 問68(必須問題) 漢方薬

 脳梗塞後遺症で、興奮症状を伴う場合に用いられる漢方薬はどれか。1つ選べ。

  1. 葛根湯
  2. 大建中湯
  3. 抑肝散
  4. 五苓散
  5. 猪苓湯

解答・解説

解答
3

解説
1 誤
 葛根湯は、自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を比較的体力のあるものの次の諸症:感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましんに用いる。

2 誤
 大建中湯は、腹が冷えて、腹部膨満感のあり、腹痛が甚だしいものの次の諸症:胃下垂、胃アトニー、弛緩性下痢、弛緩性便秘、慢性腹膜炎、腹痛に用いる。

3 正
 抑肝散は、虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症(かんしょう)に用いる。よって、脳梗塞後遺症で、興奮症状を伴う場合に抑肝散が用いられる。

4 誤
 五苓散は、口渇、尿量減少するものの次の諸症:浮腫、ネフローゼ、二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、糖尿病に用いる。

5 誤
 猪苓湯は、尿量減少、小便難、口渇を訴えるものの次の諸症:尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、排尿痛、血尿、腰以下の浮腫、残尿感、下痢に用いる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次