MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第108回薬剤師国家試験 問189(理論問題) ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎に関する記述として、正しいのはどれか。2選べ。

  1. 急性期に黄疸が認められることはまれである。
  2. A型肝炎ウイルスは経口感染する。
  3. B型肝炎ワクチン接種により、HBs抗体検査は陽性を示す。
  4. C型肝炎は、ワクチン接種により予防することができる。
  5. C型肝炎よりもA型肝炎の方が肝硬変に進展しやすい。

解答・解説

解答
2、3 

解説
1 誤
 ウイルス性肝炎の急性期では、多くの場合、黄疸(皮膚、白目が黄色くなる)が認められる。

2 正
 A型肝炎ウイルスは、主に経口感染する。

3 正
 B型肝炎ウイルスワクチンを3回接種すると、HBs抗体陽性を示す。

4 誤
 C型肝炎ウイルスに対するワクチンは存在しない。

5 誤
 A型肝炎は慢性化することはほとんどなく、C型肝炎は慢性化することが多い。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次