MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第108回薬剤師国家試験 問188(理論問題) クローン病

 クローン病に関する記述として、正しいのはどれか。2選べ。

  1. 好発年齢は40〜50歳代である。
  2. 大腸に限局した炎症が認められる。
  3. 初期症状として、便秘が認められる。
  4. 増悪期に、CRP値の上昇が認められる。
  5. 特徴的な内視鏡検査所見として、敷石状潰瘍がある。

解答・解説

解答
4、5 

解説
1 誤
 クローン病(本疾患)の好発年齢は、10歳代後半から20歳代である。

2 誤
 本疾患では、口腔〜肛門まで消化管全層に非連続的な炎症が認められる。なお、大腸に限局した炎症が認められる疾患は、潰瘍性大腸炎である。

3 誤
 本疾患の主な初期症状として、下痢、腹痛、発熱が認められる。

4 正
 本疾患の増悪期には、白血球の上昇、赤血球沈降速度亢進、CRPの上昇が認められる。

5 正
 本疾患では内視鏡検査所見として、縦走潰瘍、敷石像、非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が認められる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次