MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第108回薬剤師国家試験 問115(理論問題) 原核細胞の遺伝発現における転写と翻訳

原核細胞の遺伝子発現における転写と翻訳に関する記述として、正しいのはどれか。2選べ。

  1. 遺伝子の転写と翻訳は同時進行が可能であり、転写が完結する前に翻訳が開始される。
  2. 翻訳開始コドンの直前には、シャイン・ダルガーノ(SD)配列が存在し、リボソームの60Sサブユニットが結合する。
  3. 翻訳は、mRNAの3’末端側から5’末端側の方向に進行し、ペプチド鎖はC末端側からN末端側へと合成される。
  4. アミノアシルtRNAは、コドンを含むtRNAの3’末端に、mRNA上のアンチコドンに対応したアミノ酸が結合している。
  5. オペロンとして隣り合う一群の遺伝子は1本のmRNA(ポリシストロニックmRNA)転写され、複数のタンパク質に翻訳される。 

解答・解説

解答
1、5 

解説
1 正
DNAが細胞質内に存在する原核生物において、遺伝子の転写によるmRNAの合成と翻訳によるタンパク質の合成は同時に行われる。 そのため、原核生物ではタンパク質の合成が非常に速く、効率的である。

2 誤
シャイン・ダルガーノ(SD)配列とは、翻訳開始コドンの直前に存在する特定の塩基配列のことである。翻訳開始点がこの配列を認識すると、リボソームが正しい位置に結合し、タンパク質の合成が開始される。なお、原核細胞のタンパク質の合成に関わるリボソームは、50Sサブユニットと30サブユニットであり、60Sサブユニットはタンパク質の合成には関与しない。

3 誤
翻訳は、mRNAの5’末端側から3’末端側の方向に進行し、ペプチド鎖はN末端側からC末端側へと合成される。

4 誤
アミノアシルtRNAは、アンチコドンを含むtRNAの3’末端に、mRNA上のコドンに対応したアミノ酸が結合している。

5 正
オペロンは、構造遺伝子と発現制御調節領域で構成されており、通常、オペロンとして隣接する一群の遺伝子は1本のmRNAとして転写され、複数のタンパク質に翻訳される。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次