第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問48

第105回薬剤師国家試験 問48

濃度0.01 mol/kgの水溶液にしたとき、凝固点降下度が最も大きいのはどれか。1つ選べ。

1 D−グルコース
2 L−アスコルビン酸
3 L−ロイシン
4 塩化カルシウム
5 塩化ナトリウム

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
凝固点降下度は、溶質の質量(容量)モル濃度に比例する。このことから、同じ質量モル濃度(mol/kg)の溶液では、非電解質溶液に比べ電解質溶液の方が凝固点降下度が大きくなる。また、電解質溶液の中でも、解離する数(解離してできるイオンの数)が多い方が凝固点降下度が大きくなる。
これらのことから、選択肢のうち、濃度0.01 mol/kgの水溶液にしたとき、凝固点降下度が最も大きいのは「塩化カルシウム(CaCl2)」である。

 

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.