第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問37

第105回薬剤師国家試験 問37

アドレナリンα1、α2 及びβ1受容体に作用し、β2受容体及びドパミンD1受容体にはほとんど作用しないのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
アドレナリンα1、α2 及びβ1受容体に作用し、β2受容体及びドパミンD1受容体にはほとんど作用しないのは、選択肢3のノルアドレナリンである。
1 誤
ドパの構造であり、ドパミンの前駆物質である。
2 誤
ドパミンの構造であり、アドレナリンα1及びβ1受容体刺激作用、ドパミンD1受容体刺激作用を有する。
3 正
4 誤
アドレナリンの構造であり、アドレナリンα1、α2、及びβ1、β2受容体刺激作用を有する。
5 誤
イソプレナリンの構造であり、アドレナリンβ1、β2受容体刺激作用を有する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.