第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問35

第105回薬剤師国家試験 問35

Kと競合してH,K–ATPaseを可逆的に阻害し、胃酸分泌を抑制するのはどれか。1つ選べ。

1 エソメプラゾール
2 ラフチジン
3 ピレンゼピン
4 ボノプラザン
5 ポラプレジング

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
 Kと競合してH,K–ATPaseを可逆的に阻害し、胃酸分泌を抑制するのは、「ボノプラザン」である。
1 誤
エソメプラゾールは、H,K–ATPaseに非可逆的に結合することにより胃酸分泌を抑制する。
2 誤
ラフチジンは、ヒスタミンH2受容体を遮断することにより胃酸分泌を抑制する。
3 誤
ピレンゼピンは、ムスカリンM1受容体を遮断することにより胃酸分泌を抑制する。
4 正
5 誤
ポラプレジンクは、胃粘膜損傷部位に親和し、抗酸化作用、膜安定化作用により胃粘膜保護作用を示す。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.