第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問345

第105回薬剤師国家試験 問345

学校薬剤師が中学校の生徒を対象に医薬品の適切な使い方に関する授業を行っている。以下の図を用いて説明できる内容はどれか。2つ選べ。

1 このお薬は1日3回朝昼夕に飲むと効果が得られます。
2 1日3回朝昼夕に飲んでも中毒が出ることがあります。
3 飲み忘れた場合、気づいたときに飲めば問題ありません。
4 飲み忘れた分を合わせて次回に2回分飲むと中毒が出るので危険です。
5 飲み忘れた分は飲まずに、次回に1回分だけ飲めば十分な効果が得られます。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
設問の図より、1日3回朝昼夕に服用した場合、薬の血中濃度が効果が出る濃度の範囲内に収まると読み取れるため、「このお薬は1日3回朝昼夕に飲むと効果が得られます(選択肢1)」と説明することは適切である。また、昼に飲み忘れ、夕に2回分服用した場合、薬の血中濃度が中毒が出る濃度の範囲になると読み取れるため、「飲み忘れた分を合わせて次回に2回分飲むと中毒が出るので危険です(選択肢4)」と説明することは適切である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.