第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問333

第105回薬剤師国家試験 問333

下記のそれぞれの事例の薬物治療のうち、禁忌に該当するのはどれか。2つ選べ。

  1. 便秘症の妊婦に酸化マグネシウムを投与する。
  2. 牛乳アレルギー患者にタンニン酸アルブミンを投与する。
  3. 消化性潰瘍がある患者にラフチジンを投与する。
  4. 重症筋無力症の患者にエチゾラムを投与する。
  5. インフルエンザ罹患の15歳男児にザナミビル水和物を投与する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
タンニン酸アルブミンは、牛乳の成分であるカゼインを含んでいるため、牛乳アレルギー患者に投与することはできない(投与禁忌)。また、エチゾラムは、筋弛緩作用を有しているため、重症筋無力症の患者に投与することはできない(投与禁忌)。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.