第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問332

第105回薬剤師国家試験 問332

中耳炎と診断された1歳9ヶ月の乳幼児を連れた母親が、下記の処方箋を持って薬局を訪れた。この患者の服薬にあたり、薬剤師が留意すべき副作用とその理由として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 ビタミンDの活性化を阻害するので、低カルシウム血症に注意する。
2 小児においては腸管から水分を奪い腸管内容物を軟化させるので、下痢に注意する。
3 カルニチンの尿中排泄が促進されるので、低血糖症状に注意する。
4 脂肪酸代謝に支障をきたすので、脂質異常症に注意する。
5 消化酵素によりアセトアルデヒドが発生するので、消化管粘膜障害に注意する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
本剤は、腸管壁に存在するエステラーゼにより加水分解され、セフジトレン、ホルムアルデヒド、ピバリン酸となる。そのうち、ピバリン酸はカルニチン抱合を受け、ピバロイルカルニチンとなり尿中に排泄されるため、本剤投与により低カルニチン血症に伴う低血糖を誘発する可能性がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.