第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問310〜313

第105回薬剤師国家試験 問310〜313

46歳男性。2年前に甲状腺全摘手術を受けた後、レボチロキシンナトリウム錠内服による薬物治療を行っている。通院間隔が6ヶ月に一度に変更になり、180日分の処方箋を持って来局した。この患者の薬剤服用歴を確認すると、過去に服用忘れや、自己判断で服用を中断していた可能性が疑われた。長期処方への変更に伴い、薬剤師が服薬アドヒアランスに関連した注意事項を説明することになった。

問310(実務)
 この処方薬の服用を中断することによって起こりうるものとして、薬剤師が説明すべき症状はどれか。2つ選べ。

1 徐脈
2 収縮期血圧上昇
3 冷感
4 発汗過多
5 体重減少

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
甲状腺全摘手術を受けているため、レボチロキシンナトリウム(T4製剤)の服用を中断すると、甲状腺機能低下症による粘液水腫(甲状腺機能低下症によりグルコサミノグリカンが蓄積し、皮膚・粘膜に硬い浮腫を生じる状態)、冷え性、皮膚乾燥、体重増加、うつ症状、低血圧、血中コレステロール値上昇、徐脈が認められる。

 問311(法規・制度・倫理)
 そこで、長期処方の患者に対して、薬剤師が電話によるフォローアップを行うことで、患者の服薬アドヒアランスの改善又は症状悪化の早期発見につながるかを検討することにした。この漠然とした臨床疑問を解決可能な臨床研究にするために、まずは PECO(注)又は PICO(注)を使って疑問を構造化することにした。この研究のPECO又はPICOの組合せとして、適切なのはどれか。1つ選べ。

(注)PECOやPICOは疑問を構造化するための手法の1つ。PはPatient、EはExposure、Iは Intervention、CはComparison、OはOutcomeの頭文字のこと。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
 PICOとは、「①どのような患者に(Patient)、②どのような評価・治療をしたら(Intervention)、③何と比較して(Comparison)、④どのような結果になるか(Outcome)」という4つの要素を定式化し、疑問を構造化する手法のことである。また、PECO とはPICOのIをE(Exposure:暴露)に変えた疑問を構造化する手法のことである。
問題文に「長期処方の患者に対してPに該当)、薬剤師が電話によるフォローアップを行うIに該当)ことで、患者の服薬アドヒアランスの改善又は症状悪化の早期発見につながるかOに該当)を検討することにした」とあることから、選択肢2が適切である。

問312(法規・制度・倫理)
 作成したPECO又はPICOに従って、実際に介入研究を行うことになった。この研究を実施するにあたり薬剤師が注意すべき点として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 対象患者を二群に分けた比較試験を行う場合、群分けは患者の希望を優先する。
2 研究を開始する前に、あらかじめ倫理審査の手続きを行う必要がある。
3 研究資金が必要な場合、利益相反の開示をしないことを条件に製薬会社から提供を受ける。
4 対象患者に対して研究内容を文書で説明すれば、参加同意を取得する必要はない。
5 研究参加は自由意思によるもので、参加しなくても不利益にならないことを患者に説明する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
対象患者を二群に分けて比較試験を行う場合、郡分けは無作為に行う必要がある。
2 正
研究を開始する前に、調査や研究の妥当性を審査するためにあらかじめ倫理審査の手続きを行う必要がある。
3 誤
研究資金を製薬企業等から提供を受けた場合、利益相反状態を開示する必要がある。
4 誤
対象患者に対して研究内容を文書で説明するとともに、参加の同意を取得する必要がある。
5 正

問313(実務)
この介入研究において、レボチロキシンナトリウム錠の服薬アドヒアランスを評価する方法として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 薬剤服用歴から、調剤した薬剤種類数を調べる。
2 患者に持参してもらった残薬数から服薬率を算出する。
3 患者から飲み忘れの有無を聞き取る。
4 処方した医師に処方意図を確認する。
5 併用薬との相互作用の有無を調べる。

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.