第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問286〜287

第105回薬剤師国家試験 問286〜287

9歳男児。体重26kg。咳を伴う40℃近くの発熱が2日間続いた。近医を受診し、アセトアミノフェン錠とセフカペンピボキシル塩酸塩錠が5日分処方された。3日間経過しても解熱傾向が見られず、夜も眠れないほどの乾いた咳が続いているため、総合病院に紹介され入院治療を行うことになった。喀痰のグラム染色で陽性菌も陰性菌も同定されなかった。胸部レントゲン検査で多発性のすりガラス状陰影を認めた。セフカペンピボキシル塩酸塩錠を中止し、以下の処方を開始した。

問286(病態・薬物治療)
この患者の入院時の血液検査の結果として、妥当なのはどれか。2つ選べ。

1 CRP 増加
2 白血球数減少
3 赤血球沈降速度(赤沈、ESR)促進
4 β–D–グルカン陽性
5 抗ストレプトリジン O(ASO)抗体陽性

問287(実務)
 処方変更後3日目には咳は軽快し解熱傾向を認めたものの、37.5℃前後の微熱が継続している。薬剤師が今後の治療方針を医師と確認した。その内容として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 ロキソプロフェンナトリウム水和物の追加投与
2 フルコナゾールへの変更
3 現在の処方薬による 14 日間の治療完遂
4 テオフィリンの追加投与
5 インフルエンザウイルス感染の追加検査

 

 

 

 

 

解答・解説

解説
本症例では、咳を伴う高熱(40℃近くの発熱)が2日間続き、感染症が疑われた結果、セフカペンピボキシルが処方されたが、3日間経過しても症状改善しなかったため、喀痰のグラム染色を行なった。その結果、陽性菌も陰性菌も同定されなかったため、エリスロマイシン腸溶錠が処方され、処方変更後3日目に症状が軽減していることから、本症例は、マイコプラズマ肺炎であると推察される。

マイコプラズマの特徴
細胞壁を有していないため、
①:グラム染色では染まらない
②:βラクタム系抗生物質が無効

問286
解答
1、3
解説
1 正
CRP(C反応性タンパク)は、炎症マーカーであり、急性炎症や組織破壊があると上昇する。
2 誤
本患者は感染症に罹患しているため、白血球の数が増加する。
3 正
赤血球沈降速度(赤沈、ESR)は、炎症性疾患で促進する。
4 誤
β–D–グルカンは、真菌の細胞壁を構成する多糖類であり、真菌感染症で陽性を示す。
5 誤
抗ストレプトリジン O(ASO)抗体は、A群ならびに一部のC群、G群溶血性連鎖球菌の産生する溶血毒素(ストレプトリジンO)に対する抗体であり、溶連菌の感染によって上昇する。

問287
解答
3
解説
処方変更後3日目に症状の軽減が認められていることから、マイコプラズマに対してエリスロマイシンが効果を示していると推察されるため、エリスロマイシンによる治療を完遂することが妥当である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.