未分類 第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問278〜279

第105回薬剤師国家試験 問278〜279

5歳女児。熱や咳の症状があり母親に連れられて受診し、下記内容の処方箋を持って来局した。母親との会話において、子どもは以前にも散剤や顆粒剤を服用したことがあり、問題なく飲めたとのことであった。また、母親が右手に包帯をしており、物を取扱いにくいため、一包にまとめて欲しいと医師に申し入れ済みとのことであった。

問278(薬剤)
 薬剤師はこの処方の調剤方法を検討するため、アスベリン®散と幼児用PL配合顆粒の処方量を十分に振とう混合してみた。このときの状態を模式的に表す図として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
アスベリン®散と乳幼児PL配合顆粒は粒子径が異なるため、振とう混合しても分離する。一般に粒子径の大きいものは上に粒子径の小さいものは下になる。

 

 問279(実務)

前問での検討結果を踏まえて、この患者に対する最も適切な調剤方法はどれか。1つ選べ。

1 両剤を計量し、乳鉢にて、乳棒で混和し分包した。
2 アスベリン®散を乳糖で賦形したものと幼児用PL配合顆粒を、2段分割(2度撒き)で分包した。
3 両剤を計量し、乳鉢にて、スパーテルで混和し分包した。
4 幼児用PL配合顆粒を調剤用ミルで粉砕してから、アスベリン®散と乳棒・乳鉢にて混和し分包した。
5 アスベリン®散を乳糖で賦形したものをふるいで篩過してから、幼児用PL配合顆粒と乳棒・乳鉢にて混和し分包した。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
粒子径の異なるものは、混合せず2段分割(2度撒き)で分包することで均等に分包することが可能である。

-未分類, 第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.