第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問274〜275

第105回薬剤師国家試験 問274〜275

14歳女児。身長160cm、体重52kg。造血幹細胞移植後の真菌感染症予防のため、フルコナゾールカプセルで管理を行っていた。しかし、画像診断や検査値などからアスペルギルス症が疑われ、注射用ボリコナゾールが投与されることになった。
検査値:AST 25IU/L、ALT 37IU/L、γ–GTP 40IU/L、血清クレアチニン値 0.7 mg/dL

問274(実務)
 病棟担当薬剤師は、注射用ボリコナゾールの投与にあたり、処方監査を行い、投与後のモニタリングについて検討した。薬剤師の対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 経口剤への変更を提案する。
2 体重あたりの用量(mg/kg)が、成人の標準用量よりも低用量で開始されていることを確認する。
3 ボリコナゾールによって代謝が強く阻害される薬剤が併用されていないことを確認する。
4 ボリコナゾールの血漿中濃度は 24 時間以内に定常状態に達すると考えられるため、TDM用の採血は投与開始日の翌日に行う。
5 重篤な肝障害が現れることがあるので、肝機能を定期的にモニタリングする。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
小児に対して、ボリコナゾールを使用する際には、注射用から投与を開始することとされている。なお、患者の状態に応じて、経口投与可能であると医師が判断した場合に、錠剤またはドライシロップ剤に切り替えることができるが、投与開始から1週間未満で注射剤から経口剤に変更した際の有効性及び安全性は検討されていないため、経口剤への切り替えについては、慎重に判断することとされている。
2 誤
注射用ボリコナゾールの用法・用量を以下に示す。

3 正
ボリコナゾールは、CYP2C19、2C9、3A4阻害作用を有しているため、本剤を使用する際には、ボリコナゾールによって代謝が強く阻害される薬剤が併用されていないことを確認する必要がある。
4 誤
ボリコナゾールは、投与開始5〜7日で定常状態に到達するため、TDM用の採血は投与開始5〜7日目の行う。
5 正
重篤な肝障害が現れることがあるため、投与するにあたっては、観察を十分に行い、肝機能検査を定期的に行うこととされている。

問275(実務)
 初日はボリコナゾールとして1回300mgを1日2回、2日目以降は1回200mgを1日2回点滴静注し、治療を行ったが、症状やレントゲン陰影の改善はみられなかった。この患者におけるボリコナゾールの定常状態での平均血漿中濃度は1.0mg/Lであったため、薬剤師は治療域に達していないと判断した。この患者における定常状態における平均血漿中濃度を2.5mg/Lとしたい。ボリコナゾールの1日投与量(mg/day)として最も適切なのはどれか。1つ選べ。ただし、ボリコナゾールの定常状態における平均血漿中濃度と体内からの消失速度の関係はMichaelis–Menten式で表され、Km値は0.50mg/Lとする。

1 500
2 600
3 700
4 800
5 1000

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

解説
①:Vmaxを求める
ボリコナゾールの定常状態における平均血漿中濃度と体内からの消失速度の関係は、Michaelis–Menten式で表されることから、平均血漿中濃度Cと消失速度は下記の式で表される。

また、定常状態では、投与速度=消失速度が成立し、投与速度=400mg/dayでの定常状態における平均血漿中濃度=1.0mg/Lであることから、Vmaxを求めるを以下のように求めることができる。

②:平均血漿中濃度を2.5mg/Lとした時のボリコナゾールの1日投与量(mg/day)を求める。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.