第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問270〜271

第105回薬剤師国家試験 問270〜271

58歳男性。体重60kg。生体腎移植を受けるため入院した。持病である胃潰瘍、高コレステロール血症及び三叉神経痛の治療のため、以下の薬剤を服用している。

この患者に対し、手術前にタクロリムス12mgに相当するタクロリムス水和物徐放性カプセルを経口単回投与した。タクロリムスの血中濃度を数回測定し、解析したところ、血中濃度時間曲線下面積が720ng・h/mLとなり、これは母集団平均値の約2倍であった。

 問270(実務)
 病棟担当薬剤師は、術後の投与量設定を医師と打ち合わせるため、タクロリムスの血中濃度が高値となった原因を探索した。原因として可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

1 CYP2C19の変異型遺伝子をホモで有している
2 CYP3A5の変異型遺伝子をホモで有している
3 ラベプラゾールナトリウム錠の併用
4 ピタバスタチンカルシウム口腔内崩壊錠の併用
5 カルバマゼピン錠の併用

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
 タクロリムスは肝臓や消化管に存在するCYP3A4/5によって代謝され、その寄与率はCYP3A5がCYP3A4の約1.5倍である。このことからCYP3A5は、タクロリムスの代謝に重要な役割を果たしている。CYP3A5には遺伝子多型が存在し、CYP3A5の変異型遺伝子をホモで有している患者は、CYP3A5活性を持たす、CYP3A5でタクロリムスを消失させることができないため、タクロリムスの血中濃度が上昇することがある。 

問271(薬剤)
術後、タクロリムス水和物徐放性カプセルを経口投与し、定常状態におけるタクロリムスの平均血中濃度を10ng/mLとしたい。この患者に対するタクロリムスの1日投与量(mg/day)として最も適切なのはどれか。1つ選べ。ただし、この患者におけるタクロリムスの全身クリアランス及びバイオアベイラビリティは腎移植前後で変化しないものとする。

1 1.0
2 2.0
3 4.0
4 6.0
5 8.0

 

 

 

 

解答・解説

解説
3

解説
繰り返し投与時の投与量Dは以下の式より求めることができる。

CLtot:全身クリアランス、Css:平均血中濃度、τ:投与間隔、F:バイオアベイラビリティ
●手術前のデータより経口クリアランス(CLtot/F)を求める。
経口投与時の血中濃度時間曲線下面積AUCは下記の式で表すことができる

上記の式より、タクロリムス12mgを経口単回投与した時の血中濃度時間曲線下面積が720ng・h/mLであることから、経口クリアランスは、下記のように求めることができる。
(注:後ほど代入して用いるため、ここでは分数のままにしておく)

●平均血中濃度を10ng/mLとするときのタクロリムスの1日投与量D(mg/day)を求める。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.