第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問268〜269

第105回薬剤師国家試験 問268〜269

65歳男性。花粉症のため近医を受診した。医師が服用中の薬について確認したところ、以下の処方による治療を受けていることがわかった。そこで、医師は地域連携の会議等でよく顔を合わせている薬剤師に電話して、抗アレルギー剤の選択について相談した。

問268(実務)
 以下の抗アレルギー剤のうち、処方を避けることが望ましい薬剤として、医師に伝えるのはどれか。1つ選べ。

1 アゼラスチン塩酸塩錠
2 エバスチン錠
3 ケトチフェンフマル酸塩錠
4 ジフェンヒドラミン塩酸塩錠
5 レボセチリジン塩酸塩錠

問269(薬剤)
その薬剤の処方を避けることが望ましい理由として、適切なのはどれか。1つ選べ。

1 テルミサルタンの血漿タンパク結合を阻害するため。
2 テルミサルタンの代謝を阻害するため。
3 沈降炭酸カルシウムへの吸着により、その薬物の薬効が減弱するため。
4 肝機能障害患者では、その薬物の活性代謝物への代謝が抑制されるため。
5 腎機能障害患者では、その薬物の高い血中濃度が持続するため。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
問268:5
問269:5

解説
 本患者は、沈降炭酸カルシウムを服用していることから「透析中の慢性腎不全」であると考えられる。レボセチリジン塩酸塩は、高い血中濃度が持続するおそれがあるため、重度の腎障害(クレアチニンクリアランス10mL/min未満)のある患者には投与禁忌である。このことから、レボセチリジン塩酸塩は、本患者に対して処方しないことが望ましい。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.