第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問258〜259

23歳女性。医療系大学の学生で現在、学外実習を行っている。最近、実習先への電車移動中に腹痛を伴う下痢を経験するようになり、電車を利用するのが怖くなった。近医を受診し精密検査を受けた結果、下痢型の過敏性腸症候群と診断され、以下の処方による治療が行われている。

2週間経っても症状の改善がみられなかったため、薬剤の追加が検討された。

問258(実務)
追加薬剤の候補として、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. ドンペリドン錠
  2. ロペラミド塩酸塩カプセル
  3. メサラジン錠
  4. チキジウム臭化物カプセル
  5. ラモセトロン塩酸塩口腔内崩壊錠

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤

ドンペリドンは、ドパミンD2受容体遮断薬であり、悪心・嘔吐に用いられる。

2 正
ロペラミドは、腸管の副交感神経終末にあるオピオイドμ受容体を刺激し、アセチルコリンの遊離を抑制することで腸管運動を抑制するため、下痢型の過敏性超症候群に用いられる。

3 誤
メサラジンは、5–アミノサリチル酸製剤であり、炎症性腸疾患に用いられる。

4 誤
チキジウムは、抗コリン薬であり、胃酸分泌抑制、ガストリン分泌抑制、消化管運動抑制作用を示すため、胃炎・胃・十二指腸潰瘍、腸炎、過敏性腸症候群などに用いられる。本症例では、抗コリン作用を有するメペンゾラートを投与しても症状が改善していないため、同様の作用を有するチキジウムを追加することは推奨されない。

5 正
ラモセトロンは、セロトニン5−HT3受容体遮断薬であり、下痢型の過敏性腸症候群に用いられる。

 問259(薬理)
候補となるそれぞれの薬物の作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ドパミンD2受容体遮断
  2. セロトニン5–HT3受容体遮断
  3. オピオイドμ受容体刺激
  4. ロイコトリエンB4産生阻害
  5. アセチルコリンM3受容体遮断

解答・解説

解答
2、3

解説
問258解説参照

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.