第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問254〜255

第105回薬剤師国家試験 問254〜255

55歳男性。10年前に高血圧を指摘され、5年前からニフェジピン徐放錠を服用している。血圧は良好にコントロールされていたが、最近は軽い胸痛を感じることがあった。1週間前、出勤で階段を上っているときに胸部激痛と背部痛が出現し、冷や汗と呼吸困難、意識障害も生じたため救急搬送された。冠動脈造影検査にて左前下行枝の高度狭窄が認められ、心筋梗塞と診断された。直ちにカテーテル治療により薬剤溶出ステントが留置された。
身体所見:体温36.3℃、血圧145/90mmHg、脈拍75回/分、呼吸数15回/分 現在、以下の処方薬による治療を受けている。

しかし、血圧コントロール不良のため、降圧薬の追加について医師より薬剤師に相談があった。

問254(実務)
追加が推奨される心筋梗塞後に用いられる薬物として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 アムロジピンベシル酸塩
2 メトプロロール酒石酸塩
3 プラゾシン塩酸塩
4 エナラプリルマレイン酸塩
5 ヒドララジン塩酸塩

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
心筋梗塞後に血圧コントロール不良な場合には、心リモデリング・心不全予防効果を有するRA系阻害薬(ACE阻害薬、ARB)、β遮断薬を追加することが推奨される。

 問255(薬理)
前問で推奨された薬物の1つ(薬物Aとする)を追加して治療を行っていたが、狭心症発作を起こした。そこでジルチアゼムが追加処方されたが、徐脈が起きたため、ジルチアゼムとの相互作用を疑い薬物Aを中止した。中止した薬物Aの作用として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 ブラジキニン分解抑制
2 心筋L型Ca2チャネル遮断
3 血管平滑筋アドレナリンα1受容体遮断
4 血管平滑筋可溶性グアニル酸シクラーゼ活性化
5 心筋アドレナリンβ1受容体遮断

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
ジルチアゼムは、血管平滑筋のL型カルシウムチャネルを遮断するとともに心筋のCa2チャネルも遮断し、心収縮力及び心拍数を減少させるため、β受容体遮断薬と併用すると、相加的に作用が増強し、徐脈、房室ブロック、洞房ブロックなどが現れることがある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.