第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問246〜247

第105回薬剤師国家試験 問246〜247

30歳女性。少し前から物が二重に見えることがあり、最近は階段を上るときに下肢のだるさを感じるようになった。また、夜は歯磨き程度でも腕が疲れるようになったため受診した。早期の重症筋無力症と診断され、以下の薬剤が処方された。

問246(実務)
 この患者の処方に関する記述のうち適切なのはどれか。2つ選べ。

1 処方1は疾患の根治を目的として処方されている。
2 処方1の発現頻度の高い注意すべき副作用として腹痛がある。
3 処方2の重大な副作用として低血糖がある。
4 処方3は、血清カリウム値を低下させる薬物との併用は禁忌である。
5 処方3を服用中は、感染症対策としての乾燥弱毒生風しんワクチンの接種は勧められない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
重症筋無力症は、神経筋接合部・シナプス後膜上にあるアセチルコリン受容体に対する自己抗体によりアセチルコリン受容体が変性し、神経筋接合部の刺激伝導系が障害される自己免疫疾患である。ピリドスチグミンは、コリンエステラーゼ阻害薬であり、アセチルコリン濃度を上昇することで重症筋無力症の症状を軽減させる目的で処方されている。
2 正
ピリドスチグミンの発生頻度の高い副作用として、下痢、腹痛、発汗、線維性痙攣などがある。
3 誤
プレドニゾロンは、副腎皮質ステロイド性薬であり、副作用として高血糖を誘発することがある。
4 誤
タクロリムスは、高カリウム血症を発現することがあるため、カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン、カンレノ酸カリウム、トリアムテレン)と併用禁忌である。
5 正
タクロリムス服用中は、免疫力が低下するため、生ワクチン(乾燥弱毒生麻しんワクチン、乾燥弱毒生風しんワクチン、経口生ポリオワクチン等)接種は勧められない。

問247(薬理)

処方薬の服用により、症状の改善がみられたが、帯状疱疹を発症するとともに、下痢が顕著になった。帯状疱疹と下痢の発症のそれぞれに関係する薬物の作用機序として最も適切なのはどれか。2つ選べ。

1 コリンエステラーゼ阻害作用
2 カルシニューリン阻害作用
3 糖新生促進作用及び糖利用抑制作用
4 脂肪酸分解促進作用及び脂肪産生促進作用
5 IL–2(インターロイキン–2)受容体遮断作用

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
・下痢の発症
ピリドスチグミンのコリンエステラーゼ阻害作用により、アセチルコリン濃度が上昇し、消化管運動が促進することで下痢を発症したと推察される。
・帯状疱疹の発症
タクロリムスのカルシニューリン阻害作用により、免疫力が低下し、帯状疱疹を発症したと推察される。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.