第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問226〜227

第105回薬剤師国家試験 問226〜227

62歳女性。身長156cm、体重54kg。慢性腎不全、2型糖尿病、高血圧症で外来治療中。骨粗しょう症はない。今回、慢性腎不全の病状が進行し、入院加療することになった。入院時の持参薬と検査値は以下の通りであった。

持参薬
アムロジピンベシル酸塩錠 5mg、フロセミド錠 20mg、リナグリプチン錠 5mg、ボグリボース錠 0.2mg、ポリスチレンスルホン酸カルシウム20%ゼリー 25g、球形吸着炭細粒 2g/包
検査値
Na 140mEq/L、K 5.2mEq/L、Cl 108mEq/L、P 5.9mg/dL、補正Ca 7.5mg/dL、血清アルブミン 3.7g/dL、AST 24IU/L、ALT 26IU/L、BUN 50.5mg/dL、血清クレアチニン1.8mg/dL、eGFR 23mL/min/1.73m2、intact–PTH 210pg/mL(標準値:10〜65pg/mL)

問226(実務)
 医師は検査値を確認後、持参薬は継続服用とし、さらに薬剤を追加処方した。追加された薬剤として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 カルシトリオールカプセル
2 メナテトレノンカプセル
3 沈降炭酸カルシウム口腔内崩壊錠
4 アレンドロン酸ナトリウム水和物錠
5 シナカルセト塩酸塩錠

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
検査値より補正カルシウム濃度(基準値:8.4〜10.2mg/dL)が低く、血清リン値(基準値:2.4〜4.5mg/dL)
が高いと判断することができる。このことから、補正カルシウム濃度を上昇させる目的で「カルシトリオールカプセル」、血清リン値を低下させる目的で「沈降炭酸カルシウム口腔内崩壊錠」を追加したと推察される。

 問227(衛生)
 この患者の病態に関連するビタミンやミネラルに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 カルシトリオールは、肝臓で25位が水酸化されて活性型に変換される。
2 ビタミンKは、骨のCa結合タンパク質であるオステオカルシンの遺伝子の転写を活性化する。
3 リン酸は、フィチン酸やシュウ酸とキレートを生成することにより、消化管での吸収が抑制される。
4 腎不全の進行によって腎臓での活性型ビタミンDの生成が低下すると、消化管からのカルシウム吸収が低下する。
5 この患者のintact–PTHの値から、血中カルシウム濃度を正常に維持しようとして副甲状腺機能亢進状態になっていることがわかる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
カルシトリオールは、活性型ビタミンD3であり、腎臓及び肝臓で水酸化を受けることなく、腸管においてカルシウムの吸収を促進するとともに腎臓においてカルシウムの再吸収を促進する。
2 誤
ビタミンKは、骨基質のオステオカルシンをγ–カルボキシル化し、正常な骨代謝を促進する。
3 誤
リン酸は、フィチン酸やシュウ酸とキレートを形成することはない。
4 正
5 正
血中カルシウム濃度が低下すると、血中カルシウム濃度を正常に維持するために副甲状腺ホルモン(パラトルモン:PTH)が分泌される。intact–PTH(副甲状腺ホルモンintact)は、副甲状腺ホルモンの量を反映していることから、intact–PTHが高い値を示す場合、血中カルシウム濃度の低下に伴い副甲状腺ホルモンの分泌が亢進していると判断することができる。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.