第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問222〜223

第105回薬剤師国家試験 問222〜223

72歳男性。A病院の泌尿器科及びB病院の循環器科を受診している。A病院において、侵襲危険度の高い経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)実施のため、泌尿器科医師から、現在服用中の薬を確認し、術前中止薬の有無を調査するよう、A病院の入退院支援センター担当の薬剤師に依頼があった。患者が持参したお薬手帳の内容、患者へのインタビューなどから、患者の服用薬が判明した。

問222(実務)
 患者は、手術の前日に入院することが決まった。入退院支援センター担当薬剤師の対応として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 薬剤師の判断により、入院前日の朝から全ての薬剤を服用中止するように患者に指示した。
2 泌尿器科医師に、ファモチジンをラベプラゾールナトリウムに変更するように提案した。
3 リバーロキサバンの服用を中止する必要があることを泌尿器科医師に事前に説明した。
4 B病院の循環器科医師にオルメサルタン メドキソミル口腔内崩壊錠の休薬の可否を確認し、泌尿器科医師に内容を伝達した。
5 泌尿器科医師にシロドシンの服用中止を提案した。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
侵襲危険度の高い手術を実施するにあたり、「リバーロキサバン」、「オルメサルタン」を休薬する必要がある。
・リバーロキサバン
本剤の投与中に手術や侵襲的処置を行う場合、臨床的に可能であれば本剤の投与後24時間以上経過した後に行うことが望ましい。
・オルメサルタン
オルメサルタンは、アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬であり、手術時に投与すると手術時にみられる血圧低下に対するレニン−アンギオテンシン系の賦活化を抑制するため、手術前24時間は投与しないことが望ましい。

 問223(物理・化学・生物)
 処方されている抗血栓薬を服用した患者にみられる血液凝固・線溶系の変化として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 組織トロンボプラスチンの生成が抑制されている。
2 トロンビンの生成が抑制されている。
3 プロトロンビンの生成が抑制されている。
4 フィブリンの生成が抑制されている。
5 プラスミンの生成が促進されている。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
リバーロキサバンは、選択的かつ直接的第Ⅹa因子阻害薬であり、内因系及び外因系血液凝固カスケード中の第Ⅹa因子を阻害し、トロンビン生成及びフィブリンの生成を抑制する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.