第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問220〜221

第105回薬剤師国家試験 問220〜221

65歳女性。体重50kg。数日前より左腰背部痛、悪寒を訴え、近医を受診した。精査の結果、腎結石と診断され、入院し経尿道的腎尿管結石砕石術(fTUL)が施行された。術後、翌朝に収縮期血圧約70mmHgへの低下を認めた。敗血症性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)と診断され、ICUへ転棟した。ICU入室後、ドパミン、ノルアドレナリン、バソプレシンが持続微量点滴にて投与され循環動態は安定、尿量も保たれた。抗菌薬はドリペネムとし、DICに対する以下の処方案について医師がICU担当の薬剤師に意見を求めた。

問220(実務)
 医師に対する、ICU担当の薬剤師の回答として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 出血所見がない場合、使用できない。
2 過量投与による副作用発現に備えて中和剤を準備しておく。
3 腎機能低下を考慮して、適宜減量して使用する。
4 ヒト血液由来の特定生物由来製品であるため、患者家族に感染リスクを説明する。
5 点滴静注は約30分かけて行う。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
本剤は、患者が臨床的にDICの状態にあることを確認した場合に使用することが可能である。
2 誤
本剤の抗凝固作用を中和する薬剤は知られていない。
3 正
本剤は主として腎臓から排泄されるため、腎機能に応じて適宜減量して使用する。
4 誤
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)は、チャイニーズハムスター卵巣細胞で産生される糖タンパク質である。本剤は、ヒト血液由来製品ではないため、患者家族に感染リスクを説明する必要はない。
5 正
通常、成人には、トロンボモデュリン アルファとして1日1回380U/kgを約30分かけて点滴静注する。

問221(物理・化学・生物)
 医師より、患者に用いるトロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)について、天然のトロンボモデュリンとの違いを知りたいとの問合せがあった。文献を探したところ、天然のトロンボモデュリンの模式図を見つけた(下図)。天然のトロンボモデュリンの領域A〜Cのうち、トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)に相当する領域として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 領域A
2 領域B
3 領域C
4 領域A〜B
5 領域B〜C
6 領域A〜C

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)は、天然のトロンボモデュリンと同様、血液凝固因子であるトロンビンと特異的に結合して凝固促進活性を低下させるとともに、凝固カスケードにネガティブフィードバックをかけて、トロンビンの産生を抑制することで汎発性血管内凝固症候群(DIC)を改善する。天然のトロンボモデュリンは、血管内皮細胞上に存在する難溶性タンパク質であるが、トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)は、遺伝子組換え技術を使用して、その活性部位(細胞外部分)のみを可溶化分子として精製したものである。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.